vce_top3

女一人旅!初めての海外旅行はベネチアに行ってきました~3


このブログの新着記事


ベネチア旅行記2からの続きです。
※写真が多めな記事になります。

  • ベネチア旅行記その1はこちら
  • ベネチア旅行記その2はこちら
  • ベネチア旅行記その3は当記事
  • ベネチア旅行記その4はこちら

本島を歩いてサンマルコ広場までたどり着いてみて、この時点ですごく満足…!
天気が良かったので、翌日に予定していた離島めぐり(ムラーノ島・ブラーノ島)をそのまま決行することにしました!

P1000444
まずはムラーノ島に上陸!!

ムラーノ島へはヴァポレット4.1番/4.2番でアクセスするのが便利かな?
ムラーノ島→ブラーノ島と移動する人が多いみたいでした。
(水上バスがとても混雑してました)


スポンサーリンク

ムラーノ島といえばベネチアングラス

ムラーノ島にはガラス工房がたくさんあり、ベネチアングラスはここで生産されています。
通りを歩いてみても飲食店とガラスのお店ばかりです。

ウィンドウを見てるだけでもすごくきれいで面白いですよ!!
P1000472
もう通りを歩いてるだけで、この島好き…!!って思いました。笑

テレビで紹介されていたお店へ

『二度目のベネチア』という番組で紹介されていた日本人の店員さんがいらっしゃるお店へ伺い、ビーズを購入してきました。
「Salvadore」というお店です。

ベネチアンビーズをたくさん購入したいなぁと思っていたのですが、ムラーノではビーズ単体で売ってることがあまりないみたいで(あるとしても問屋か、店の隅に小さくとか)ここのお店では独自のビーズを購入することができるのですごく嬉しい。

P1000446
吹きガラスのビーズはここだけでしか作られてないみたいです。
陽を浴びるとすごくきれいなんですよね!!

P1000451

P1000453

日本語で話せる嬉しさ…!!
写真の許可もいただきました。

4ユーロくらいから購入できて安価だし、確実にムラーノ製だってわかるし、おすすめです。
またすぐにでも行きたい~!!
DSC_4402
この日ムラーノで買ったもの。もっと買えばよかった!!

ムラーノの町並み

P1000470

P1000466
ムラーノ島は道もわかりやすいし観光客も適度で、景色もきれいでとにかく落ち着く。

P1000464

P1000458
かなりインパクトあるオブジェがあります。

ムラーノ・ファロというバス停からブラーノ島へ向かいます。
ここがすごく混んでました…!!

ブラーノ島といえばレース

ブラーノ島に船が着く前から、そのカラフルな町並みが見えてカメラを向ける人が多かったです。
建物を区別するために色を変えているとかなんとか…
色合いがあまりにかわいくて…これはベネチアにきたのなら来なくては勿体無い!!

P1000474
ポップ…!

P1000482
レースや布製品を扱っている店がほとんどでした。
涼しげでかわいい…!お店の色合いがまたかわいい

P1000492
ここからの眺め、色んなところで紹介されているような気がする…?
写真に収めやすくてきれいな場所です。

P1000487
次があれば1度くらいは離島のしっかりしたお店でごはん食べたいな…。

P1000485
どこをみても絵になる…!

P1000495
歩いてくと広場に鐘楼みたいなのが見えてきます。

P1000501
遠くからひときわ目立つ色でずっと気になっていたお店に到達。
ピンクの家かわいいです。住みたい~!!

決められた色の中から好きな色えらぶのかな~

ブラーノのはじっこで…

P1000510
ここのバールで一休みしました。
010
ブラーノで食べたものおいしかったよー!

P1000514
帰り際にかわいい壁(?)を発見

P1000516
なんの場所かわからなかったけど、かわいい…!!
ぶらっと一歩きしたので満足!
本島へ帰ります~!

フォンダンテ・ヌオーヴェへ戻ると

P1000526
ぶらっと歩きながら帰ろうかなーと。
すっごく空が青いんです!!
P1000529
らくがきにウーンと思いながらも、右にある人のシルエットみたいのが素敵だったのでパシャリと。

P1000536
このあたり特に頭に地図が入ってなかったけど、ブラブラ歩くのすごく楽しかったです。

P1000540
カラフルな柵が気になる~!!

P1000549

P1000545
ベネチア中にみた猫はこの子だけだったなー看板猫ちゃんかわいい!!

P1000551
この日の空の青さは最高だったなー

疲れもいい感じだったので、ヴァポレットにのって帰ろうっと~!!

バスでメストレまで帰る

帰りのバスも混雑すごかったです。
メストレ行きは2番線でA6乗り場。『Don Sturzo』行きなので、来た際に覚えて置いたほうが焦らずにすむかと。

後方の入り口から乗ると下車のときに運転手さんにお願いしない限りはドアが開かなかったりするから、気をつけたほうがいいかも。
(鉄道のメストレ駅は開きました)

相変わらず誰もカードをかざしてる様子はみられなかった…。

翌日はこの日行かなかったアカデミア地区やサンジョルジョ島に行ってみようとおもって、一日を終了しました。

ベネチア旅行記、まだまだ続きます。

スポンサーリンク