singeki_top

『巨人に包囲された古城からの脱出』進撃の巨人のリアル脱出ゲームの感想


このブログの新着記事


アジトオブスクラップ札幌で現在公演されている、進撃の巨人×リアル脱出ゲーム「巨人に包囲された古城からの脱出」に参加してまいりました!
地元のアジトがまた再開されての初参加…!!念願です、嬉しい…!!

この進撃の巨人×アジト型初コラボ「巨人に包囲された古城からの脱出」、たくさんの地域で公演される予定のようですね。
6月の東京を皮切りに各地方で同様の公演が体験できるみたいで、アジト型でここまで規模が大きいのってめずらしいな~と…。

自分は進撃の巨人に関してあまり詳しくなく表面的な部分しか知らなかったのですが、十分に理解できるし解ける内容だったので、進撃がわからないけど…という方、脱出や謎解きゲームがお好きな方にもすごくオススメです。
とにかく、めちゃくちゃ楽しかったです!!!(感想はのちほど)

参加者は後方支援の調査兵団一員、エレン、ミカサ、アルミンが壁一枚先のすぐそこにいて、協力しながら脱出をすすめていくお話になります。
とくにアルミンとやりとりをすることが多いので作品が好きな方には夢のような時間かも…!?(実際はピンチです)

リアル脱出ゲームはどの公演もネタバレができないので、感想や参加する際の注意点などをまとめてみます。


スポンサーリンク

アジト型って?参加する際に前もって気をつけたほうが良いこと

正直に言うと、アジト型の公演はものすごく楽しいです。
大型のものより内容はおすすめできるものが多い…!!

一回公演につき、最大10人程度1チームとなり、部屋を探索し、謎を解いていくのですが、ギミックのつくりや世界観の表現が大型公演より良く出来ていたりする。(体感です)

自分が参加した会場だけかわからないのですが、会場である室内がけっこう暑いです…!!
というのも、私達は進撃の巨人の調査兵団の一員としてゲームに参加するので、裏地のしっかりついたマントを配られ、着用するからです。

スタッフさん曰く「マントは脱いでもいいです」とのことだったので、暑かったら我慢せず脱ぎましょう!笑
なんとなく気分的な意味合いで私は最後まで着用していましたが、けっこうアクティブに動く必要があるので最後は汗だくに。

blog_singeki

過去の進撃の巨人コラボのリアル脱出ゲームは大型のもので、アジト型は今回がはじめてとのことなので、進撃が好きで参加される方もたくさんいらっしゃると思います。
そんな方こそ参加して欲しいし、そういう狙いなんだろうなーと感じられる公演でした。

それと、公式サイトにも書いていることで、すでに参加された方の感想を見てても「動きやすい格好で。女性はスカートじゃないほうがいい」みたいなのを良くみかけますが、実にその通りでした。
(他のアジト公演でも言えることですが)

会場では靴はクロックスに履き替えることになるので、それも頭にあるといいかもです。

リアル脱出ゲームのコツ

会場には10分前くらいには到着して参加者とある程度のコミュニケーションをとることをおすすめします。
ゲームが開始されたらそんな時間1秒もないです。

アジト型の経験者の方はどんな雰囲気で、ゲームが開始されたらどんな感じに動いたら良いかを初心者さんに教えてあげると良いかも~!

それと、ゲーム開始前に説明のチラシなどが配布されることがあれば目を通してそれとなく気にかけておきましょう。
勘になっちゃう部分はあるけどゲームの中でこれが使われたりすることもありますので~!!(ない時もある)

今回はなんの説明もなかったけど、なんとなく気になったので私はチラシを持ち込みましたが、外の待合室におきっぱなしの人も何人かいたみたい。

最初は、小謎とよばれるとあるキーワードを完成させるパターンが多いです。
スタートしたら室内を探索、動かせる小さめ軽めのアイテムは一箇所に集める。
ある程度キーワードが見えてきて、次の指示の予測がつくようになると、全て埋めずとも次に移ったほうがいいです。

話が進行していくので、その都度新たな謎を与えられ、解決していくことになります。

終盤になると、ポカンとするような手がかりのない問題にぶちあたることになるので、後は頭の柔らかさ勝負になりますね…
この辺りは初心者の人のひらめきが活躍することのほうが多いような気もするので、思いついたらなんでも試してみましょう!

注意事項で言われた禁止行為はもちろん守らなければならないけれど、何でも試すためにはその見極めが重要かと…!!

巨人に包囲された古城からの脱出」の感想・レポート

今回の「巨人に包囲された古城からの脱出」はスクラップの他の公演に比べると難易度は低く、初心者向けのように感じましたが、それでも謎のつくりはしっかりしています!
他の公演と比べると「うだつのあがらない勇者からの脱出」よりさらに簡単めに作られてるかな…?って感じました。(参加レポはこちら

見てすぐピンとくるものもけっこう多かったです。謎の隠し場所も簡単めかなーと。
最初の室内探索も皆すばやく動いて、つまることなく謎解きが進んでいたので自分が関わらずにすでに解決していた謎も多かったです!

現時点では脱出率50%近いとか聞いたんですけどこれから回数を重ねるともう少し下がるぽいですね。
10人定員ではありますが、6人チームとかでも脱出成功してるみたいだし、経験者が10人いると手持ち無沙汰にはなるかも。

感想はというと…、毎度ですがめちゃくちゃ楽しかったです…!!
世界観の表現がすごく良いので作品ファンの人はぜひ行ってほしいですねー!!

自分達のチームは最後に時間がなく焦ってしまい…残念な結果となりましたが…気付けなかったことがものすごく悔しいです。

途中までは歴代最速だったらしく~!!
一つ、えらく詰まる問題がありましてそこでだいぶ時間つかっちゃいましたね。
だいぶスタッフさん(同様に調査兵団、班長)にヒントもらった上で進みました…あそこで終わるところだった…

終わった後はやはり大興奮でした…!
悔しい!もう一回やりたい!!でも同じ公演は二度とできない!!悔しい!!
みたいなエンドレス…
初参加の友達と一緒にいったんですけど、同様に大興奮でしばらくまた行きたいねーと語り合ってました。

地元でもハイペースで色んな公演やってくれるみたいなのでどんどこ行きたいと思います~!!

さいごに

けっこうアクティブに動き回ることが多かったので運動不足の私は現在軽く筋肉痛です。笑
中々普段しない動きをすることになるので変な筋肉つかったみたい…

札幌のアジトははじめて行ったんですが、けっこう広々としてそうな雰囲気してたな~
他の会場だともしかしたら部屋のサイズ感違ったりするのかも…?

今回、参加者は25歳くらいから30代くらいの方が多かったような感じがします。
女性が多い回でしたよー!
「進撃が好きで来た」って言ってる人が多かったです。

記念に調査兵団のマントをきて、みんなで写真を撮ってかえりました!!

そして、あまりに楽しかったので、私も進撃の巨人を見始めました…!
立体機動装置って簡単に扱えるものじゃないんですね…。

参加費が他のアジト公演より500円高いけど楽しかったので良しです!!
脱出ゲーム友達が欲しい今日この頃…

その他スクラップのリアル脱出ゲーム体験談はこちら

スポンサーリンク